記事

人生の設計士FPの米井義浩さん

diy 奈良 小屋

奈良で育つ家DIYスクールを運営するSUBACOのみほこです。
今回は、第1回目の小屋づくりDIYスクールで『家にまつわるお金について』の講師、FP(ファイナンシャルプランナー)の米井義浩(よねい よしひろ)さんにお話を伺いました。

 

やっぱりお金って大切なんですね

米井さんがFP事務所をはじめたきっかけは、28才のときに遭遇した自身のリストラだそうです。

「その頃、住宅ローン月々135,000円と保険料月々50,000円を支払っていたので、大打撃でした」。

保険はすべて解約し、ローンが払えないので家を手放そうと思いましたが、思うように売れないという事態に見舞われました。

養わなければならない家族もあった米井さんは、どん底に突き落とされてしまいました。

 

「リストラの可能性のある会社員を繰り返したくない!」そう自分に誓うと、以前から興味があったFPの資格を取得。

「自分のようにお金のことで困る人をひとりでも減らしたい!」そういう思いで株式会社 まごころプランニングを立ち上げました。

 

 

ライフプラン作成ってやっぱり必要?

米井さん:「もちろんです!」

ご本人も住宅ローンの返済に困った経験があり、お客様の中にも住宅メーカーや銀行の言われるがままにローンを組んでしまい苦しんでおられる方が、とても多いそうです。

どうして、組める額でローンを組んだのに苦しいのか?

それは、同じ収入で同じ年齢でもライフスタイルの違いで、返せる額が変わってくるからなんだとか。

家を買って欲しい・ローンを組んで欲しい側からすれば、40才の方でも35年ローンをすすめられることがあるそうです。繰り上げ返済のプランも立ててくれるそうですが、米井さん的にはとてもおすすめできないとのこと。

先が読めない時代だからこそ、家族の行く先を見据えたライフプランを作成して、不安なくきちんと返せるローンの組み方が知りたいですよね。

ライフプランは将来のライフイベントも考慮するから、いつごろどんな準備をしたらいいかがわかりやすくなって、その結果疑問や不安を解消してくれる効果があるそうです。

なるほど、充実した人生を歩みたい人には欠かせないものなのですね。

 

 

趣味も家庭もまるごと楽しめるように

米井さんの事務所には、毎日多くの方が相談に訪れるそうです。

 

家を買った後、転勤になってしまった方。

家を買った後、リストラになった方。

教育資金や資産運用の相談をしたい方。

相続について相談したい方。

 

どの方も、今の現状はご自分が選択した結果起こっていること。

そんなとき米井さんは「しゃーないやんっ」と言うそうです。

 

関西弁の「しゃーないやんっ」は、これから一緒に希望を見つけようという意味合いを含んだことば。

自分のしてきたことを受け入れつつ、これからどうしていくかを自分で選択していけることば。

ご自分やご家族が、どう過ごしたいか?を本気で考えられるきっかけになっているのではないでしょうか。

 

今まで受け身で過ごしてきたけれど主体的に暮らしたいと思ったとき、米井さんが優しくバックアップしてくれます。

 

 

 


【講師プロフィール】
米井 義浩(よねい よしひろ)
株式会社 まごころプランニング 代表取締役
FP(ファイナンシャルプランナー)
趣味はバンド活動・バイク・マラソン
【会社概要】
株式会社 まごころプランニング
〒636-0012 奈良県北葛城郡王寺町本町1丁目3-38
Tel:0745-34-2100(平日9:00〜17:00)
HP:http://www.mago-koro.net

 


この記事は「自分らしい暮らしを提案する育つ家」のアーキ・クラフトが情報収集し、提供しています。記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。

◼︎お問い合わせ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this pageEmail this to someone