記事

窓と光と風を大切に 建築士の小泉亮二さん

subaco 奈良 小屋

奈良で育つ家DIYスクールを運営するSUBACOのみほこです。
今回は、DIYスクール第1期の講師で『そだついえ。』の設計をされている建築士の小泉亮二さんをご紹介します。

 

小泉さんはSUBACOスタッフの間では「収納王子』と呼ばれています。
事務所も、ご自宅も、びしっときれいに収納されているんですって。
ご本人は、「こいさん」と呼んでほしいそうですが・・・

 

そんな小泉さんが建築士になろうと思ったきっかけは、家族団らんへの強い想い。
育った実家がちょっと変わった間取りだったことから、
「家具をどう配置すれば、もっと家族でくつろげる部屋になるのだろう」と
物心ついた時から考えるようになっていたそうです。

 

実際にお客様の家を設計する時は、かっこいい建築を一番に目指すのではなく、
そこに住まう人が心地よく暮らせるように、窓と光と風の関係性を重要視しています。
その理由は家を建てた後、快適に居心地よく暮らしてもらいたいから。

 

衣食住としての家は、わたしたち人間にとってなくてはならないもの。
「だからこそ信頼して設計を任せてもらいたい」と、小泉さんは言います。

 

施主の本当の願望を引き出すためにお客様と建築士の間の壁を取っ払うため、
心の中の窓と光と風の関係性を考えながら、ヒアリングを進めていきます。

 

間取りだけで選ばれるのではなく、「小泉だから頼みたい!」と言ってもらえるように
日々図面と向き合いながら、心の垣根をとる方法を模索しています。

 

 

 

 


subaco 小屋 奈良【講師プロフィール】
小泉亮二(こいずみ りょうじ)
2級建築士
将来の夢は県の指定文化財である実家を改築して、夫婦でカフェ&雑貨屋さんをのんびり営むこと。
《会社情報》
有限会社アーキ・クラフト
〒639-1104奈良県大和郡山市井戸野町124-1
0120-9867-3020
URL:http://sodatsu-ie.jp
Mail:info@arc-craft.com


この記事は「自分らしい暮らしを提案する育つ家」のアーキ・クラフトが情報収集し、提供しています。記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。

◼︎お問い合わせ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this pageEmail this to someone