記事

家の空間を邪魔するモノは

必要な物、不必要な物の見極め方

奈良で育つ家DIYスクールを運営するSUBACO空間プロデューサーのマツです。
生活をしていると、いつの間にかモノが増えて、家の空間が減ってきてしまうことがありませんか?「いつか必要な時が来るかも」そう思うと、なかなかモノを手放すことができません。
「断捨離」に関する本がたくさん並び、今は「捨てること」に関心を持つ人が多いようです。
モノが多くなることを前提に、設計の段階で収納のスペースを多めに確保。しかしスペースがある分だけきっとモノは増えていくもの。空間を有効利用するにはどうすればいいのか?家の空間は限られています。

モノへの執着を断ち切るために、心の整理をするのはいかがでしょうか。

捨てることが苦手な私も、引っ越しを機に荷物の整理に挑戦。特に悩むのが思い出の品。ちょっぴり凹んでいる時に、元気を出させてくれる。そう思うとなかなか手を付けられず・・・。
せっかくの新たな空間をモノで溢れさせていいものか。家族みんなで共有するスペースを快適に過ごしたい。
相当頭を悩ませた結果、思い出は心の中に、そしてこれからこの空間で家族とたくさんの思い出をつくっていこう、そんな答えが出ました。
モノの整理はきっと一通りのやり方ではなく、その人それぞれのやり方で進めるのが一番。桜の咲く春の時期、心のリセットを兼ねて、身の回りのモノの整理に目を向けてみるのもいいですね。


この記事は「自分らしい暮らしを提案する育つ家」のアーキ・クラフトが情報収集し、提供しています。記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。

◼︎お問い合わせ


片付け3

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this pageEmail this to someone