記事

キッチンと家族の在り方

お料理の時間も家族で楽しむ

奈良で育つ家DIYスクールを運営するSUBACO空間プロデューサーのマツです。
毎日料理をする中で、どんなキッチンが使いやすく過ごしやすいのか?

我が家のキッチンはカウンターキッチン。妻が対面式にこだわったのは、実家のキッチンは窓に向かって作られていたため、少し孤独を感じるキッチンだったとのこと。
今はリビングが見通せ、週末僕が料理担当の時もママと子どもが遊んでいる様子を見ながら作るのはシアワセを感じる時間。
気分が乗らない時も、こんな風景を見るとちょっと前向きになれることも。

対面式での悩みは友人が来た時にキッチンが丸見え。カウンターも高さがなく、水が飛び跳ねること。
メリット・デメリットは生活してみないと分からないことがたくさんあります。

でもやはり料理をしながら家族の顔が常に見えること、そして会話を自然にできる空間を大切にしたいとですね。
ついつい一緒に住んでいるといい意味で「空気のような存在」と表現したりしますが、「関心がないと背中合わせなのでは」と、自分に言い聞かせ、コミュニケーションを大事にしようと思っています。

最近娘はカウンターを挟んで、かくれんぼにはまり中。


この記事は「自分らしい暮らしを提案する育つ家」のアーキ・クラフトが情報収集し、提供しています。記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。

◼︎お問い合わせ


キッチン

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this pageEmail this to someone