記事

SUBACO(すばこ)の隣に巣箱(すばこ)があった話

奈良 小屋 すばこ diy

奈良で育つ家DIYスクールを運営するSUBACOの空間プロデューサーマツです。
偶然なのか必然なのか?
最近わかったことは、SUBACO(すばこ)の隣が巣箱(すばこ)だったということ。
SUBACOの隣の倉庫が田中養蜂場の倉庫だったんです。
※倉庫にみつばちはいません。

不思議なご縁だなと思ってスタッフでびっくりしていました。

田中養蜂場ではみつばちを奈良と北海道の2カ所で飼育しているそうです。
9月から5月までは奈良で飼育、6月から9月までは北海道で飼育するとのことです。
SUBACO.DIY.スクールの3回目の日は、ちょうど北海道から奈良へ戻ってこられた日でした。
疲れているところを無理を言って、社長さんにお話を伺うことができました。

 

みつばちのこと色々教えてもらいました!

奈良 みつばち 田中養蜂場

田中養蜂場では、西洋みつばちを養蜂されています。
西洋みつばちは日本みつばちに比べ、蜜を集める能力が高いとのことです。

「趣味で養蜂をしている人は日本みつばちが多いですが、職業にしている者は、西洋みつばちが多いですよ」と、教えてくださいました。

日本だから日本みつばちの方が活発なのかなと思ったのですが、そうではないのですね。

「短時間では、みつばちのことは語り尽くせない」と社長さん。

みつばちのことは、知っているようで実は知らないことが多い分野だなと改めて実感しました。

 

兎にも角にも・・・

上質な国産のはちみつが手に入るのも、こういった養蜂家の方々のおかげなのですね。

本当にありがたいことです。

みつばちにも感謝です。

 

写真の蜂蜜は、サンプルだそうです。
同じ花からとれた蜜でも、場所や時期や温度によって色合いや風味が変わるそうです。
せっかくだからと、味見をさせていただきました!

「ん〜! おいしい〜!!」

口の中にふわっと広がる程よい甘さ、とけた後の後味のさっぱりさ。
国産の蜂蜜の上質な味わいを堪能させていただきました。

 

はちみつのおいしい食べ方

せっかくなので、蜂蜜のおいしい食べ方をご紹介!

はちみつonクラッカー

小屋 奈良 diy

【用意するもの】

クラッカーとクリームチーズ、そしてはちみつ

【作り方】

クラッカーにクリームチーズをのせて、その上にはちみつをかけます。

お好みでフルーツなどをトッピングするだけ!

ホームパティーやおやつに簡単でおすすめです。

 

はちみつ大根

おばあちゃんの知恵袋です。

我が家では昔から風邪をひいたら、はちみつ大根をとっています。

シロップをお湯でわって飲んでもいいし、そのまま食べても大丈夫です。

のどの痛みが少し和らぐような気がします。

 

※はちみつはボツリヌス菌の芽胞が含まれているため1才未満のお子様にはお与えにならないようご注意ください。
参考→国立感染症研究所

 

田中養蜂場の蜂蜜が買える場所

ネット→佐藤米酒店

 

 


この記事は「自分らしい暮らしを提案する育つ家」のアーキ・クラフトが情報収集し、提供しています。記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。

◼︎お問い合わせ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this pageEmail this to someone